A Dish of the Day #079 ・・・まめ・・・

北海道北見で生産されている在来種の地豆をつかった料理を習っています
d0083523_1330756.jpg

子供のころはとりたてて好きではなかったのですが
玄米・糠漬・味噌汁を3食食べていると
副菜としての豆の旨味の価値がぐーんと増してきました
北海道の農家が自家採種で残してきた在来種です
農協で販売される大量収穫のタネでつくった豆とちがい、不揃いで、収量に欠ける
といった理由で脇役に追いやられてきた絶滅危惧種です

これまで在来種の豆は99%が自家用で、「おいしいから」「あの味が好きだから」
という理由だけで何十年も自家消費用にのみつくられてきたそうです
料理教室ではその在来種をつかった様々な調理法を学んでいます
d0083523_13444725.jpgd0083523_1344542.jpgd0083523_1345273.jpg
d0083523_13451628.jpgd0083523_13452254.jpgd0083523_13454037.jpg
上段はホウレンソウのおひたしに白いんげん豆・
ば団子を甘辛いたれにからめたり、練りゴマのタレにからめると
びっくりするほど濃厚な味に仕上がります
花豆を大根おろしに乗せて鰹節をふりかけ、お醤油をかけまわしたもの
下段は豆入り玄米ご飯となぜかショートケーキ^-^
そばクレープに有機無農薬のドライフルーツや地豆のあんを添えてデザートに
豆入りの味噌をぬればおつまみにもなっちゃいます
黒豆の煮豆
d0083523_13591518.jpgd0083523_13592632.jpg
この豆は黒千石大豆といって、普通の大豆の1/4くらいの大きさの豆にうまみが
ぎゅっと詰まっています
皮は黒いのですが、フライパンで炒りつけてやると中から緑色の中身が顔を出します
ご飯と一緒に炊くと玄米のうまみと相乗効果でたまらないものがあります
炒りつけた黒千石大豆と納豆と切干大根にねぎを散らしカラシ醤油をかけたものは
そのままで、おつまみに ご飯のおかずに これまたたまらなくうまいのです
d0083523_1444358.jpgd0083523_1445098.jpg
イチゴのショートケーキ?という感じですが、
このたーっぷりとしたクリームの正体は100%お豆腐
てんさい糖という砂糖大根から作られる茶色いお砂糖なので、
クリームもやや茶色がかっています
これは初めて食べましたが、想像以上においしかったです
てんさい糖は普段使っている砂糖(上白糖・黒砂糖・三温糖)など
サトウキビ由来のものと違い体を温める作用があります
一般的に寒冷地で作られる作物は体をあたため、
熱帯の作物は体を冷やす傾向にあります
体を常に冷やす傾向の食生活を続けると血液の流れに影響し、
肩こりや疲れやすさという傾向が出ることがあるそうです
食生活と日常の身体の症状は密接な関係にあるようです

適切な原料と調理法の選択が健康への第一歩につながるのは
料理も家づくりもまったく同じ
お金という物差しでは測れない豊かさに気づき、実践し、体感し、ご紹介するのが
とても大切なことなのではないかと思い始めました

週末に予定している「新しい住まいの教室」では3時のおやつにご紹介した豆を利用した
お茶うけをご用意する予定です
「医食住同源」と題して在来種の豆や玄米・糠漬け・味噌汁のお話
それから僕自身の91kg→74kgの-14kgダイエットのお話も^-^
させていただこうと思っております
ぜひぜひふるってご参加ください
小さなお子様連れ お車でもご来場いただけます♪

「新しい住まいの教室」
参加費:無料
場所:富士ソーラーハウスモデルハウス(東急田園都市線たまプラーザ駅南口徒歩2分)
定員:4組(定員に達し次第終了いたします)
その他:駐車場完備・キッズコーナー(スタッフ常駐)

参加希望はこちらまで:om@fsh.co.jp
TEL:050-5541-1785(佐藤)

ご紹介できる在来種の豆はなんと26種類♪
[access FSH]
「正直につくる木の家」
“Sunshine Design”
富士ソーラーハウス株式会社
tel:045-988-1231
mail:om@fsh.co.jp(OM SolarSystem+Fuji Solar House)
富士ソーラーハウスの考えてること

 
[privacy policy]

[PR]
by omsolar | 2009-06-09 14:33 | A Dish of the Day