A Day in the LIFE #592 <工務店のためのカメラ教室>

6年前からプロのカメラマンに竣工写真の撮影をお願いするかたわら
一眼レフカメラを入手して、自己流で撮影もしてきました

今回建材メーカーのアトピッコハウスで「工務店のためのカメラ教室」が
開催されると聞いて参加してきました

カメラマン(パーソン?)の漆戸先生はアトピッコハウスや知人工務店の
撮影を手掛けていてFBでも積極的に発言されていたので、初対面でしたが
最初からレクチャーがスムー
ズに入ってきました(遅刻スミマセン)

「絞り(F値)」>「シャッタースピード」>「ISO感度」>「WB」
の説明が実例を交えて丁寧にレクチャーされました
これまでの僕はマニュアルモードだけどF値6.3/ISO400で固定して
シャッタースピードだけを変えて撮影していました

今回はそれぞれの意味が分かったので、ビビらず状況に合わせた選択を
していきたいと思います

午後からは実践編
1.「動きがあるもの」ということでホースから飛び出す水を撮りました
d0083523_17291081.jpg

d0083523_17291954.jpg

F値8 SS1/15 > F値5.6 SS1/640
広角レンズしか持参せず、大失敗;。;
それでも下の画像のほうが水のツブ感が出ているのが分かります

2.続いて小物の撮影
d0083523_1731174.jpg
d0083523_17312438.jpg

F値4 SS1/30で固定 焦点距離24㎜ > 70㎜
接写すると周辺がゆがむので、小物撮影は距離を取って撮影するのが良いそうです
知らなかった!!
たしかに小皿のゆがみがひどいですねぇ

3.次は構想1年アトピッコハウスの新キャラクター「オハナとマール」の撮影
d0083523_17333377.jpg
d0083523_17333929.jpg

F値3.5 SS1/30固定でレフ板の有無が大きなちがいです
このときは初めてWBも調整しました
そして小物撮影のレフ板の威力を思い知りました
すごいね!

4.食べ物の撮影!大好きなはずなのにピンぼけという・・・
d0083523_17355937.jpgd0083523_1736739.jpg
こちらもレフ板の上手な活用と斜め45度逆光をマスターしました!

5.透け感のある対象物ということで花の撮影です
d0083523_17371443.jpgd0083523_17372796.jpg
F値2.8固定 SS1/40 > 1/25
カメラの適正シャッタースピード通りだと暗めに出るようです
露出多めが花の撮影には吉のようです
これからお花の季節ですからね
楽しみが増えました♪

[fuji solar house]
「晴れる家」

fuji solar house
tel:045-988-1231
mail:om@fsh.co.jp
富士ソーラーハウスの考えてること 
[privacy policy]

がんばれ!おれ!ブログ続けろ!
[PR]
by omsolar | 2013-03-17 08:00 | A Day in the LIFE