A Day in the LIFE #156 …Party@[SoRaMaMe]…

d0083523_21553451.jpg

d0083523_21554446.jpg

d0083523_21555523.jpg

d0083523_2156819.jpgd0083523_21563953.jpg
オープンハウス前日ついに完成した[SO・RA・MA・ME]。
設計と現場と大工がお施主様の夢をのせて完成させました。
敷地の潜在能力をいっぱいに引き出した扇形の建物形状。
扇の要の6寸の磨き丸太を大黒柱に足元を固めるために生まれた[SO・RA・MA・ME]。
家族の集まるダイニングであり、リビングであり、大人8人でも囲めるパーティテーブルとして、子供の勉強机として、末永くこの家の移ろいを刻み続けてくれることでしょう・・・。
大勢でテーブルを囲んでも導線が確保できるように角を建物成りに角を落として生まれた[SO・RA・MA・ME]。
明日ここにどんな笑顔が集まって、どんな表情を見せてくれるのか・・・
パーティー前夜の準備をしながらひとり吹抜けから[SO・RA・MA・ME]を見下ろしニコニコしてしまったのでした。

一夜明けて
d0083523_221463.jpg

家族で竣工の記念写真を。青空も祝福してくれています。

d0083523_2264568.jpgd0083523_2265640.jpg
夕方になり、三々五々集まってくるご招待家族。
アプローチにティーライトを並べてお出迎えです。
メインの照明を落としつつ、奥の3畳の和室に皆様をご招待。
3畳ですが布団2組が敷き延べられます。
おじいちゃんおばあちゃんのお泊りもOKなんです。
この落ち着いた空間は昨年の設計スクール特別編@淵野辺の家へのオマージュ
伊礼さん見てくれてるかな?
皆様の評判も良くてホッとしました。
この和室の照明は吹抜けの吉村障子を模した障子で照明器具も作成しましたが、
それはまた今度。

d0083523_22152513.jpg

d0083523_22153748.jpg

今回は前菜に力を入れてみました。
上のお皿時計回りに
・カプレーゼ(フルーツトマトとボッコンチーニモツァレラのサラダ)
・カボチャと鶏胸肉のローストのミルフィーユ、庭で取れたセージのバターソース
・白身魚のマリネ
・鶏ささみとにんじんのマリネ
・グリーンオリーブとブラックオリーブのガーリックマリネ
・マッシュポテト春色仕立て(ご招待ママの差し入れです)
続いて下のお皿
・きのこのマリネ(シメジ・シイタケ・まいたけ・エリンギ)
・ボイル野菜の自家製アンチョビソース
・サーモンとジャガイモのサラダ、ケッパーとレモンソース
・クリームチーズボール(ケッパー・ガーリック・ピクルス・ペッパー入り)
ここまでつくると華やかですね。
[SO・RA・MA・ME]テーブルのパンチに負けたくなかったんです(笑)。
お施主様のご挨拶をいただき乾杯。
辛味を入れてないので子供たちもモリモリと食べていました。
そして・・・

d0083523_22302627.jpg

気がつけば2Fは子供たちのジムに!
登って、降りて、走って、回って、バドミントンして、鬼ごっこして・・・
またおなかが減った頃を見計らって本日のメインに。
d0083523_22323773.jpg

d0083523_22522081.jpg

ご招待ママの差し入れの牛肉の赤ワイン煮込みで
みんなの赤ワインのピッチが上がります(笑)。

そして僕がこの日、この家のためだけに用意した特別な一皿。
名前は[SO・RA・MA・ME]。
ジャガイモのニョッキ パンチェッタの生クリーム仕立て 
ニョッキの大きさをソラマメと揃えて、ソラマメの食感が負けないよう
ニョッキの食感は柔らかめに。
隠し味にママさん差し入れの赤ワイン煮のソースを拝借して旨味倍増!
完成となりました。
料理も家も力を合わせたほうがよいものができる典型ですね。
感謝、感謝です。
大人も子供も喜んで食べて、残ったソースもバゲットで堪能してくれてました。
うれしかったです。

たった一つだけの家。
たった一つこの家のためだけの一皿。
その空間を、そのひと時を、その一皿を。
たった一つだけの家のそれぞれのオーナーとこれからのオーナーが囲んで楽しむ。
全身全霊を込めて家づくりに取り組み、こうした方々の家づくりに携われたことを
果報に思いました。
あっという間の数時間を楽しく過ごして、お施主様と庭から建物を眺めているとき
「本当にありがとうございました」
なんて言われちゃって、もう涙、涙です。
感謝しなくちゃいけないのはこちらのほうです。

6月になって あの椅子がやって来ます。
夏のバーベキューシーズンには緑のカーテンや庭のグリーンも真っ盛りです。
きっとまたみんな来ますよ。
増えちゃうかも(笑)。
まごころを込めて ひとつの家 ひとつの料理

[access FSH]
 「未来の家を 今 手に入れる」
 “Sunshine Design”
 富士ソーラーハウス株式会社
 tel:045-988-1231
 mail:om@fsh.co.jp(OM SolarSystem+Fuji Solar House)
 富士ソーラーハウスの考えてること


+すべての写真はクリックにより拡大されます

[privacy policy]

d0083523_23263237.jpg

[PR]
by omsolar | 2007-04-17 23:11 | A Day in the LIFE