A Day in the LIFE #353 …SAREX合宿…

富士ソーラーハウスはSAREX(住環境価値向上事業協同組合)に加盟し、
毎月のワークショップを通じて、学習しています。
今回は年に一度の合宿です。
和歌山県田辺市で林業~製材~プレカットまで一貫生産している
山長商店さんにお邪魔してきました。

和歌山到着後、昼食をとり、地元でOMソーラーに取り組む西峰工務店さんへ。
d0083523_17123061.jpgd0083523_17124556.jpg
モデルハウス~現場2棟を拝見し、コストダウンへの取り組みなど
直接お話しをうかがいました。d0083523_17125321.jpgd0083523_17125864.jpg
山長商店の社長さんです。社長さんのご子息が工場を案内してくれました。
d0083523_1713541.jpg

先代の社長さんが建てられた工場の骨組みはそのときのままだそうです。d0083523_17131338.jpgd0083523_17131939.jpg
鉛筆削りのように丸太の皮がむかれます。d0083523_17132653.jpgd0083523_17133260.jpg
丸太があっという間に製材に変わります。
d0083523_17133919.jpg

先ほどの丸太の皮などを利用したバイオマス乾燥庫です。
庫内を0.2気圧まで減圧することで、摂氏60℃で沸点に達するそうです。
そうすることで、さほど高温にせず、丸太内の水分を蒸発させ、
木質繊維の傷みを抑えて、安定した乾燥をすることが可能になったのだそうです。
この感想技術を利用して、日本初の梁材のJAS認定を取得ました。d0083523_1713468.jpgd0083523_17135323.jpg
さらに一本一本を超音波法により含水率を測定し、
打撃法によるヤング係数(木の強さ)を測定。
SAREX理事長の山田さんも真剣に音に耳を傾けています。
d0083523_17181987.jpg d0083523_17141257.jpg
含水率とヤング係数が基準に達した材料はそれぞれ印字をされます。
基準以下の材料はここではじかれる仕組です。
d0083523_17142017.jpg

工場見学~会議室へ移動。ワークショップをおこないました。

翌日もワークショップをおこない、帰路山長商店の社長さんのご自宅を
拝見させていただけることになりました。d0083523_17142888.jpgd0083523_17143369.jpg
d0083523_17143939.jpgd0083523_17145653.jpg
ためいきものの素晴らしさで、見学時間の短さがうらめしかったです。
山長商店の材料は良かったなぁ
[access FSH]
「正直につくる木の家」
“Sunshine Design”
富士ソーラーハウス株式会社
tel:045-988-1231
mail:om@fsh.co.jp(OM SolarSystem+Fuji Solar House)
富士ソーラーハウスの考えてること

 
[privacy policy]

[PR]
by omsolar | 2008-09-17 17:00 | A Day in the LIFE